スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書感想文】 - SEのための価値ある「仕事の設計」学

2012/04/08 (日) 23:36

タイトル:SEのための価値ある「仕事の設計」学
著者:森川 滋之

3月中に読み終える予定が、4月の1週目まで足が出てしまいました。
予想より活字が多く、読み進めるのに時間がかかってしまいました(汗)

大きな分類でいえば「自己啓発」系の本ってことなんだろうか。
でも、読んだ感じでは7割がSEに必要なスキルの概要解説で、
残りの3割が自己啓発といった感じ。
スキルの概要は割と理論的で、納得できる部分は多かったです。
多少作者の思いが出すぎてるかな?と思った部分もありましたが、そこは雰囲気で。

概要の解説なのでこの本だけで完結はしませんが、今後どのようなスキルを身につけていくべきかの指針を見つけることはできそうです。
進むべき道のりがぼんやりしてる人や、今後のことをあんまり考えていない(現状で満足とかいっぱいいっぱいとか)人なら、読んでみると良いかもしれません。

きっと、肝心なのは読んだ後にどう動くかなんでしょう。

自己啓発の部分については、やっぱり全てをというのは受け入れづらいですねぇ。
これはもうtakの個人的な性格の問題なのかもしれません。
社会人が学生に向かって「今の内に勉強しておけ」とか、
定年退職した人が若手に向かって「お金は後から付いてくる」とか言っているのと同じで、
実経験を伴った人の言を、未経験の人にいくら熱心に説いても右から左なんだろうなと。
参考にはするけど、真には受けられないというか。

とはいえ、もうしばらくはこの手の本を読んでみようと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。