スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駄文】 - 夢見ました

2012/01/09 (月) 21:02

何と2本立て。

■1本目
海岸近くに住んでいるという設定でした。(実際はそんなことはありません)
1階の海側の壁が1面窓ガラスのとある部屋にて、ベッドで本を読んでしました。
すると、突然5mほどの津波が!
どっぱーんと家を直撃!んで、
なぜか窓は割れずに済み、ボー然としていたところ今度は激しい揺れが!
この順序があべこべな感じもさることながら、まぁ揺れる揺れる。
takは東日本大震災の時は東京の仕事場にいたのだけれども、
そのときよりも揺れていました。
揺れがひと段落すると、外から声がしました。
どうやら無事を確認する声でした。
ちょうど家族は出払っていて、tak一人が家にいたのでその旨を伝え、家に戻ったところで1話目終了。
それなりにあの震災がトラウマになっていたのだろうか。
とてもショッキングな内容の夢でした。

■2本目
仕事納めの日っぽい設定。
本社で偉い人からありがたい話を聞くために帰社して、ビルの最上階の5階へ移動。
ほんとはビルの3階がオフィスで、最上階なんて全然関係無いのだけれども、そこは夢って事で。
5階が丸ごと使えるわけではなくて、広めの会議スペースを借りての催しものでした。
エレベータから会議スペースまでは他の会社の人が利用しているので、
こそこそ移動しているとそこにはいるはずのない人が!
まぁこの辺の細かい事情は説明が難しいので次へ(汗)
偉い人のありがたい話を聞いた後は納会の会場へ移動となりました。
移送の途中、買ってあった宝くじを確かめるために一人宝くじ売り場に寄って行きました。
なんと、まさかの当たり!その場で100万円をゲット!!
(夢なんだから1千万とか1億とかでも良いのに、100万ってのがtakらしさなのだろうか…)
それなりに大金なので、ドキドキしながら納会の会場へ。
つーか、本来その場でもらえないよねきっと。
一旦かばんにしまったものの、心配になりズボンのベルトとお腹の間に挟んで、まさに肌身離さずに。
誰にも当たりのことは言わずに納会は終了。
まぁ人生が変わるほどの額ではないけども、なかなかスリリングな夢でした。

1番で2本の夢を見て、しかもちゃんと覚えているとか、何なんでしょうね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。