スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プログラミング】JAVA - JAVAのパスが設定されない

2010/10/09 (土) 15:51

一昔前はJAVAのインストール時には環境変数でパスを通す必要があったけども、
いま時はそんなことしなくても良いらしい。

仕事で使っているマシンはXPなのだが、確かに環境変数にパスの設定をしていない。
が、コマンドプロンプトで「java」とか打つと、オプションの説明がずらずら出てくる。

なんでかと調べてみたところ、レジストリにJAVAのインストール情報が記録されていた。
複数のバージョンが入っていても、最新の実行ファイルのパスがわかるようになっている。
で、何と「C:\Windows\System32」の下に「java.exe」がいた。
こいつを実行すると、レジストリから最新の実行ファイルのパスを取得してそいつを実行している模様。
「C:\Windows\System32」にはパスが通っているのが当たり前なので、わざわざJAVAの実行ファイルのパスを通す必要がなくなるわけだ。
レジストリの書き換えで実行するバージョンを変えているということだなやぁ。

ちなみに、結局動かせるのJREの方なので、JDKをインストールしたときにはきちっとパスを通してあげないと、JDK固有のツール(native2ascii等)が使いにくい。
※レジストリを弄ってしまえば期待通りに動かすことは可能。

いつからこうなったのかは知らないが、便利なんだか不便なんだか。

もちろんWindows向けのお話です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。