スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書感想文】 - ずる

2013/05/26 (日) 21:48

タイトル:ずる 嘘とごまかしの行動経済学
著者:ダン・アリエリー
訳者:櫻井 祐子

前回と同じ著者の本です。
内容的には「人間は如何にしてずる(不正)をするのか」をテーマに実験し、結果を検証するというもの。
300ページ弱というボリュームです。
なかなかに興味深い内容でした。

いくつか例を。
・想像力が豊かな人ほど、自分を正当化する能力が高くなるため、ずるをする人が多い。
・他人の不正を目撃すると、自分もしても良いと思い、実行する。
・精神的に消耗(疲労)していると、ずるをしやすくなる。
・ずるをするチャンスが発生する直前に、署名や制約等の倫理・道徳に訴えることをすると、ずるをする人が減る。
とか。
結局、実験の結果を受けて、現実を正しく認識し、どうやって不正を防ぐのかがこの本の命題だと思いました。

takは普段、こんな風に考えています。
横断歩道を渡るときとか、列に並ぶときなど、普段の生活の中にもずるをする機会は沢山ありますが、いつ子供が見ているか分からないので、大して努力しないで守れるルールは守って行こうと。

経済行動学というよりは、心理学の様な気もしますが、世の中にはこんなことばかりを研究している人がいるんですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。