スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駄文】 - SEとプログラマの格差について

2013/02/24 (日) 21:28

飲みの席でそんな話になりました。
どうにもSEよりプログラマの地位の方が低い風潮がある。
職業としての評価や報酬に格差がある。
これは何故なのか。

格差が現れる場合のプログラマと、今時のプログラマでは実際の作業内容に違いがあるように思います。
かなり昔、20年位前のプログラマって、かなり細かく記述された設計書の内容を忠実にコーディングしており、自分で考える必要がなかったし、設計書だけで仕事が出来るので、コミュニケーション能力も必用無い存在だったのではないでしょうか。
逆にSEはプログラマが無心で作業できるように設計書を作る必要があり、それだけ高度な知識や技術が必要だったように思います。

当時の影響が今も残っており、今でも職業としての格差が出来ているのではないのかなと。

では、今時のプログラマはどうでしょうか。
takの経験で言えば、そんな完璧な設計書なんて見たことありません。
画面の設計や機能の説明位で、必用なクラスや名前、細かいロジックなんかは自分で(又はチームで)考えるし、考慮不足なパターンも普通にあり、都度コミュニケーションを取って確認したりしています。
※金融や医療なんかの業界では、完璧な設計を行っているのかもしれませんけどね。

必用な技能が格段に増えており、元々はSEが行っていた作業がプログラマにも課されるようになっている気がします。
正に総合職な感じですが、待遇に格差がある現実。不思議!

作業内容が変化してきているのに、評価だけは変わらないのでどんどん敷居の高い職業になっている気がします。
例えば新卒採用の若手とか。
最初から自分で考え、自発的に行動し、問題を解決出来る能力が求められています。
プログラマなのに。
何も考えずにコーディングだけしていた頃と比べると、違いは明らかですね。

相対的に、SEの作業内容は質が落ちたりしているのでしょうか?
SEはSEで、設計だけでなく要件定義のためのコンサルティングなんて能力も求められたりして、そんなことは無いように思います。
昔より差は縮まっている、いや、差はもう無いのではないでしょうか。
そもそも分業しているだけで差があるわけではないはずだと思います。

例えば家作りなんかだと、家の基礎を作る人、壁紙を貼る人、床を貼る人、畳を敷く人、水回り、電気回り等、分業が当たり前でそこに格差は無いはずなのに、不思議ですねIT業界は。

結局格差是正の術は見出だせていませんが、原因の考察としては良い線いっているのではないかなと思います。
どうでしょうかね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。