スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駄文】 - スーツを作ろう

2012/10/29 (月) 23:20

takのストレス解消の手段として、散財と言うものがあります。
結構効果がありますが、効果時間は短めです。

そんなこんなで物欲がとどまることを知らずに沸いて来ております。
今日は物欲改善シリーズとしてスーツ新調の話です。

前から気になっている物がありました。
それは、通勤中の電車の高島屋の中吊り広告「イージーメード2着 58,800円」と言うやつ。
6万近くするので二の足を踏んでいましたが、物欲に負けました。

今現在着ているスーツは、近所のデパートで買った2着で18,000円の格安スーツです。
安いのは良いのですが、着心地が悪いです。
まぁ値段相応なので、そこに関して文句はありません。
が、この着心地の悪さをなんとかしたいと思うようになりました。
そこで、高島屋の登場です。
完全なオーダーメイドでなくとも、それなりに良いものなのだろうと思って作って見ることにしました。

27日の土曜日の午後、柏の高島屋に行って来ました。
イージーとはいえ、色々測ってくれるのだろうと思ってワイシャツとスラックスを着て行きました。
出来るだけ普段の格好が良いかなと。

目的地は事前にHPで調べてあったので難なく到着。
会場にはスーツではなく、生地がたくさん並んでいました。
まず何をして良いのかもわからなかったので、店員さんに声をかけてみました。
結構賑わっていて声をかけづらかったのですが、無理やり話しかけて見ました。
すると「まずは生地を2つ選んでください。」とのこと。
どうやら生地を選んでから声をかけるのが手順らしい。
値段ごとに分けられた棚に生地がたくさんかけられています。
所々隙間がありましたが、そこは既に売れてしまった部分のようです。
早く来ればそれだけ選べる生地の種類が増えると言う事だと思います。
午後に来たので出遅れ感がありました。
値段が異なる生地の組み合わせもOKの様ですが、まぁそこは予算と御相談で(汗)

会場は催し物全般を扱う場所のようで、照明が暖色系(電球色というのが一般的?)でした。
おかげで生地の色が分かりにくかったです。
見たままの色で選んでしまうと、がっかりすることになるかもしれません。
生地を選んでいると、手の空いた店員さんが声をかけてくれました。
ここで希望の色の系統を相談出来たので、生地は希望通りに選べたと思います。
やっぱり店員さんは心強いですね。

生地を選んだあとはオプションの選択でした。
・上着のフロントのボタンの数
・上着の後ろの切れ目の数
・上着の裏地の厚さ
・上着の裏地の色
・上着のステッチの有無
・ズボンのタック数
・ズボンのポケットの位置(斜め/水平)
・ズボンの裾の直し方
・ズボンの後ろのポケットの止め方
・名前の刺繍
・納品方法
こんな所ですかね。全部店員の方から聞いてくれました。
多分、希望すればもっと細かい指定が出来そうでしたが、takには十二分でした。

オプションのあとは採寸です。
思っていたよりも色々測られました。
はじめて知ったのですが、どうやらtakは右と左で腕の長さが異なるようです。
履いていったズボンが割とぴったりだったので、又下はそのズボンを買った時と同じ長さとなりました。
採寸の時もいくつか希望を伝えました。
・ゆったりしているのが良いと言うこと。
・仕事はデスクワークであること。
これで上着もズボンもゆったり目にしてもらいました。
最近はスリムタイプとかいって細いのが流行っているようですが、おっさんなtakにとっては良い迷惑です。
ワイシャツとかもそんなのばっかりで困ります。
メタボが生きにくい世の中になって行っている気がします…
ワイシャツとスラックスで赴いたのは正解だったと思います。

これで終了です。すぐにお会計となりました。
「引き渡し日:12月1日(金)」とでかでかと貼り出されていて、「結構かかるんですねー」と聞いたら「立てこんでるんですよー」と言っていました。
2週間程度でできるだろうと思っていたので、ちょっと意外でした。
人気商品ってことなんですかねぇ。
考えてみれば、紳士服の専門店で出来合いのスーツを買っても2着で5万円なんて普通ですかね。
そんな中、簡易ながらオーダーメードで2着6万なら人気でも不思議は無いかなと。

念のため携帯のカレンダーでスケジュールを確認したところ、なんと12月1日は土曜日です。
すかさず突っ込みを入れたら、店員さんも手帳を取り出して「審議中」な空気に。
まぁ金曜日というのは間違いなので、かなり慌てていました。
思わず「今日1日このままだったんですかー」と言ってしまいました。
焦った店員さんは「土」のパネルを落としてしまい、とてもすぐには取り出せない隙間に滑り込ませるというファインプレーも見せてくれました。

支払いを済ませて帰宅の途に。
会場に到着して会計が終るまで、30分もかからなかったですね。
思っていたよりサクサクでした。
でき上がりが楽しみです。
現状と比べると3倍以上の値段がするわけですが、3倍以上の着心地が得られるのかどうか。
待て結果!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

間に合わなかったです!残念
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。