スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駄文】 - 2012年度 秋期 情報処理技術者試験

2012/10/21 (日) 23:09

年に2回の恒例行事、情報処理技術者試験の日でした。

毎回受験していますが、今回は「情報セキュリティスペシャリスト」の受験です。
実は3回目です(汗)
3回前、つまり去年の春(震災の為ずれた特別試験)で応用情報に合格していたので、午前Iはまだ免除期間です。
免除期間は2年間らしいので、次回の試験までは午前Iの受験が免除されます。

過去2回は午前IIの自己採点で不合格が発覚していたのでここには書きませんでしたが、今回は突破できたので記録。

勉強方法は応用情報の頃から一緒で、通勤の途中でAndroidアプリで午前IIの過去問に取り組みました。
3カ月ぐらい前から平日は毎日取り組めました。
前回、前々回も同じ取り組み方法です。

午後については、特別な対策はしていません。
過去の受験の経験と、日々の業務での経験頼りです。

といった状況ですが、過去3回受験しての感想は、「範囲広すぎ!」って事です。
しかも、回を追うごとに広がっている気がします。
ネットワークスペシャリスト向けの問題じゃねーのかこれは?というのが多数見受けられます。
新しい技術での攻撃が増えると、その分必要な知識が増えますね。
必要な知識が多岐にわたるので、難易度は高めだと思います。
春・秋の両方受けれる高度試験で、受験はお手軽ですが合格率は低めですね。
大体15%と言ったところですが、それも毎回減っている感じです。
これは会場を見回しての感想ですが、受験者の層も広めに感じます。
試験の種別から考えても、頷ける感じです。

今回はなんと受験会場が隣の駅だったので、楽ちんでした。
駅からも歩いて5分ほど。
自宅から歩いていくことも可能な距離でした。

話は少し変わりますが、この試験、先にも書いたとおり技術の進歩と共に必要な知識がどんどん増えていくこと請け合いです。
今合格したとして、未来において一体どれほどの価値があるものなのか疑問が。
定期的に更新が必要な類の資格なんじゃないのかなと思いました。
また、試験の内容も技術寄りな内容とマネジメント寄りな内容の2種類が存在し、自分で選択することができます。
要するに、得意・不得意な分野があると言えるのですが、資格としては1種類です。
車の免許の様に、マニュアルかオートマみたいに種別を付けても良いんじゃないかなと思います。
そうじゃないと、ちっともスペシャリストとは呼べないような気がします。

個人的には、もう合格できなくても良いんじゃないかとか思います(爆)
なんか、試験が近付いた時に過去問に取り組むことが重要であって、合格すること自体はおまけのような。
合格しちゃうときっと次の資格の勉強はするけど、情報セキュリティの勉強はしなくなってしまうと思います。
ただの言いわけですかねこれは(汗)

合格発表は12月21日(金)です。
はてさて、どうなる事やら。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。