スポンサー広告 - スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Android】簡単メモ帳 - アプリのメニューが表示されない機種について

2016/05/23 (月) 23:56

ユーザーさんからの問い合わせがあったのですが、返信したメールがエラーで反ってきてしまったのでこちらに記載します。

■問い合わせ内容
Galaxy S7 edgeに機種変をし、再設定をしているのですが、これまで一番下にあった△□○のボタンの隣の三点ボタンが無くなったため、バックアップ並びにリストアが出来ません。
又、週の開始日も月曜にするか日曜にするかも設定できません。
どのようにしたらよろしいでしょうか?

■回答
実機での確認ができていないので、ネットで調べた結果をお伝えします。
下記2通りを試してみてください。

1.バックキー長押し
アプリによってはこれでメニューが表示されるらしいですが、100%ではないようです。

2.タッチパッド
システム設定→ユーザー補助→操作と制御→アシスタントメニュー→on で丸い水色で中に四角×④のタッチパッドが現れ常駐します。
メニュー操作したいアプリを起動→タッチパッドが手前に来るので、それをタップ→他のオプション(縦にドット×③のメニューマーク)を探してタップ。
これでメニュー操作出来るらしいです。
関連記事
スポンサーサイト

【Android】簡単メモ帳 - バージョン 1.1.5

2014/07/09 (水) 15:39

バージョンアップ

■変更点
1.カレンダー画面について、ロケールが日本、又は日本語の場合、祝日の日付が赤くなるようにしました。

■詳細
メールで要望をいただいたので、対応してみました。
が、色が赤くなるだけで何の日かは表示されません。表示する場所がねぇです(汗
本アプリは一応多言語対応していますが、祝日の対応は日本のみです。
祝日の計算は「Java祝日計算」を利用させてもらいました。
法律の改正で祝日が増えたりしたら、差し替えが必要になります。
きっと「空の日」とかできるんじゃないですかねぇ。

以前のリリースで開発していたPCが故障し、新調した後の作業でした。
開発環境を構築しなおしたり、そっちのほうが大変でした。
関連記事

【Android】簡単メモ帳 - データ移行について

2013/12/08 (日) 23:08

メールで何件か問い合わせがあったのですが、携帯のキャリアメールからのが多く、返信してもエラーで帰ってきてしまうケースが多々あります。
そこで、1番問い合わせの多いメモデータの移行方法を解説したいと思います。

簡単メモ帳のバージョン「1.1.4」以降にて、メモ情報のバックアップ・リストア機能を追加しています。
バックアップの際、出力先は任意のディレクトリを指定することができます。
バックアップ実行後、バックアップデータを移行先の端末に転送し、リストア機能を実行します。

※SDカードにバックアップする場合は、出力先にSDカードをのパスを指定します。
 パスはキャリア・端末によって多少異なるようです。正確なパスは取扱説明書などを確認してください。

※バックアップされるデータはCSV形式ではなく、SQLiteのDB形式のファイルとなります。
 テキストエディタやエクセルで開いて見ることはできません。
 SQLiteのDB形式のファイルを見るためにはそれに対応したツールが必要となるので、別途用意してください。

※端末間のデータのやり取りには、ファイル共有アプリを利用するのが簡単です。
 以下は有名どころの紹介です。
 ・Evernote
 ・Google ドライブ
 ・Dropbox

端末間のデータ移行については、方法が多数存在します。
環境に適した方法をご利用ください。
関連記事

【駄文】 - 禁煙

2013/12/08 (日) 22:33

祝!禁煙5周年!!

なんだかんだと5年が経過しました。
さすがに煙草を吸いたくなる衝動はなくなりましたね。
それでも年に1~2回ぐらいは煙草を吸ってしまう夢を見てしまいます。
味わうというよりは、禁忌を破ってしまう感じですね。
もう数年もすれば夢にも出なくなるんですかね。

値上がりもしてお金がかかるものですし、もう吸う気はありません。
脱煙草成功!と思う。
関連記事

【プログラミング】JAVA - WinMerge用プラグイン - INIファイルの比較

2013/11/17 (日) 22:44

プロパティファイルに引き続き、INIファイルの比較が必要になりました。
具体的には、php.ini の設定の違いを洗い出したかったのですが、
同じ流れでWinMerge用のプラグインを作ってみました。
もしかしたら世の中に需要があるかもしれないのでソースを公開します。
適当に書き換えて使ってください。

package tak.tools;

import java.io.BufferedReader;
import java.io.FileInputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStreamReader;
import java.io.PrintStream;
import java.util.ArrayList;
import java.util.Collections;
import java.util.TreeMap;

/**
* INIファイルを読み込んで、セクションごとにキーの値でソートして出力します。
* コメント行は無視されます。
* 実行可能JARを生成してください。
*
* @author tak
*
*/
public class IniOutput {

/**
* メイン
*
* @param args INIファイルのフルパス
*/
public static void main(String[] args) {

try {
outputList(System.out, createIniMap(args[0]));
} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
}

}

/**
* INIファイルを読み込んでMAPを生成
*
* @param path INIファイルのパス
* @return セクションごとに纏めたMAP
* @throws IOException 例外発生時
*/
private static TreeMap<String, TreeMap<String, ArrayList<String>>> createIniMap(String path) throws IOException {

TreeMap<String, TreeMap<String, ArrayList<String>>> map = new TreeMap<String, TreeMap<String, ArrayList<String>>>();

BufferedReader br = null;

try {
br = new BufferedReader(new InputStreamReader(new FileInputStream(path), "Windows-31J"));

String line;
String section = "";
while ((line = br.readLine()) != null) {

// 前後の空白を除去
line = line.trim();

// コメントアウトを除去
if (line.indexOf(";") >= 0) {
line = line.replaceFirst(";.*$", "");
}

// 空行なので飛ばす
if (line.length() == 0) {
continue;
}

if (line.matches("^\\[.*\\]$")) {
// セクション
section = line;

// 初回登場時は器を用意
if (!map.containsKey(section)) {
map.put(section, new TreeMap<String, ArrayList<String>>());
}

} else {
// 設定
int hoge = line.indexOf("=");
String key = line.substring(0, hoge).trim();
String value = line.substring(hoge + 1).trim();

// 同一のキーがあるかもしれないのでリストで保持する
if(!map.get(section).containsKey(key)){
ArrayList<String> list = new ArrayList<String>();
list.add(value);
map.get(section).put(key, list);
}else{
map.get(section).get(key).add(value);
}

}

}

} finally {
if (br != null) {
br.close();
}
}

return map;
}

/**
* INIファイルマップの出力
*
* @param out 出力先
* @param ini 対象INIファイル
*/
private static void outputList(PrintStream out, TreeMap<String, TreeMap<String, ArrayList<String>>> ini) {

for (String section : ini.keySet()) {
out.println(section);
for (String key : ini.get(section).keySet()) {
ArrayList<String> list = ini.get(section).get(key);

// 昇順でソート
Collections.sort(list);
for (String value : list) {
out.println(key + "=" + value);
}
}
}

}
}


続いて、WinMerge用のプラグインファイルです。
MergePlugins ディレクトリに配置します。
※64Bit版では動かないかもしれません。
<scriptlet>

<implements type="Automation" id="dispatcher">
<property name="PluginEvent"><get/></property>
<property name="PluginDescription"><get/></property>
<property name="PluginFileFilters"><get/></property>
<property name="PluginIsAutomatic"><get/></property>
<method name="UnpackFile"/>
<method name="PackFile"/>
</implements>

<script language="VBS">

Option Explicit

'環境に応じて変更してください
Const jarPath = "C:\Program Files\WinMerge\MergePlugins\iniOutput.jar"

Function get_PluginEvent()
get_PluginEvent = "FILE_PACK_UNPACK"
End Function

Function get_PluginDescription()
get_PluginDescription = "Compare Ini Files"
End Function

Function get_PluginFileFilters()
get_PluginFileFilters = "\.ini$"
End Function

Function get_PluginIsAutomatic()
get_PluginIsAutomatic = True
End Function

Function UnpackFile(fileSrc, fileDst, pbChanged, pSubcode)
Dim fso
Dim fo
Dim ws
Dim exec

Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set fo = fso.CreateTextFile(fileDst, True)
Set ws = CreateObject("WScript.Shell")
Set exec = ws.Exec("java -jar """ + jarPath + """ """ + fileSrc + """")
fo.Write(exec.StdOut.ReadAll())

Set exec = Nothing
Set ws = Nothing
fo.Close
Set fo = Nothing
Set fso = Nothing

pbChanged = True
pSubcode = 0
UnpackFile = True

End Function

Function PackFile(fileSrc, fileDst, pbChanged, pSubcode)
PackFile = False
End Function

</script>
</scriptlet>

関連記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。